和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

大雨


既に結構な降りですが、明日(31日)が大雨になるということで、外のプラ舟と火鉢に板を被せた。プラ舟は半日も降ると水が溢れます。大雨のときは元の水が結構薄まってしまうでしょうね。少しぐらいなら構わないのですが、明日はやばそう。
今朝のプラ舟の水温も8度で、昨夜は全然冷えなかったことになる。撮影時点の、丸1日近く雨が入っていた状態にもかかわらず、8.9度。雨も冷たくは無いということか。

hibachi11.jpg
火鉢はこんな感じに。火鉢は、元ビニール温室のスチール枠の中に置いてあり、枠の上に小さ目の雨避けを置いているんですけどね。高い位置に有り、火鉢全体をカバーしている訳ではなく、大雨で風が強い場合は雨が火鉢を直撃してしまいますので、今回は板を乗せました。

wide900_14.jpg
本水槽WIDE900の水がここのところ濁り気味。あ、さくらが逆立ちしてますな。しょっちゅうです。よく1回転するんですよ。で、水は、濾過が飽和している感じだということで、AX-60の掃除です。ストレーナーのスポンジが結構汚れていた。濯いだら水が真っ黒。そのせいが大きいかな。まぁ、AX-60の濾過槽、濾材の掃除も2ヶ月ぶりぐらいなので、汚れもかなりのものでした。室内ですから、外とは違い汚れるペースもそう落ちないでしょうね。
あ、シャワーパイプは掃除したけど、ホースを掃除するのを忘れたな。次回だ。

そうじついでに、エドちゃんのトロ舟の水を1/3換えた。う~ん、糞が少ない。どこへ行っちゃったんだか。エドちゃんが突っついかなんかで、粉々に成ってナノスポンジフィルターに吸い付いたかな。スポンジは片方濯いだけど、相変わらず、水が緑色に結構汚れる。

明日は本水槽の水換え、外のプラ舟、火鉢のゴミ取りをしてしまいたい。大雨?
スポンサーサイト
2009-01-31 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

和金ズ


ブリラントフィルターを抜いた小赤プラ舟。まだまだ水は澄んでいる。日照か足りないんだろうなぁ。小赤達は、北風避けの板の下が好きなようです。隠れているんでしょうね。水温的にも、板の下の方がすこ~し温かいかもしれませんね。餌は、朝に冷凍ミジンコ2/3ブロックのみですが、苔がいっぱい有るので、そう心配ないでしょう。
ここ1週間ぐらいの最高水温が、この写真を撮った時と同じ8.0度。最低水温が2.1度。今日は風も無く、比較的温かかったかな。

oyagyo5.jpg
プラ舟の下の親魚。水槽はアクリルで、傷だらけですなぁ。まぁ、前面を掃除すれば、そう目立たないでしょうかね。左上のが一番大きく、22cmぐらいか。昨年秋ぐらいから口が白いんですけど、なんなんだか。水槽面に吸い付きまくっているので、そのせいかもしれません。今でもそうなので、餌が足りないかなと。
私が水槽の前に立つと、7匹が寄って来ます。冬の夜だというのに。冬眠などしていないし、餌も結構食べる。

matsumo29.jpg
先週親魚水槽に入れておいたマツモ3本。4本に成っちゃってますけど。食べました。ばらけちゃったので、食べにくかったでしょうね。浮いたマツモは引きちぎりにくいでしょうから。それでも結構食べたなと。で、これはマツモ水槽へ戻して、再生を狙います。あんまり茎が短いと再生しないので、カットせずこのまま。それと、これだけ穂先が短いと、ちょっと無理かもしれません。脇芽も出そうも無いし。まぁ、取り敢えず戻してみる、というところ。

親魚7匹には、朝、赤虫を2+2/3ブロック与えていますが、足りていないという事でしょうね。まぁ、朝は増やせないので、昼間か。昼間に赤虫1個追加かなぁ。
2009-01-29 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

マツモ~


外の日だまりに置いているビニール温室内のマツモ水槽。マツモを水道水で濯いで、全換水して10日が経過。早くも水が青くなって来ている。どちらかと言うと、アオミドロが多いかな。ヒーターは以前より1度下げて17度。まぁ、水面近くは19度近く有るか。ヒーター真上の水面はゆるやかでしょうが対流があるので泡が溜まっています。数ヶ月に成るので、ヒーター管に石が付いた。成分は何だかなぁ。

この水、衛生的にはどうなんだか。小赤の糞を沢山入れてましたから、分解されつつ有るとは言え、金魚が棲むにはまずいでしょうね。通常、糞から、アンモニア、亜硝酸、硝酸と分解され、硝酸が植物に消費されるそうで、全換水して10日ですから、生物濾過環境であるバクテリアの環境としては十分では無いでしょう。水槽で金魚を飼う場合にはそう言われていますからね。となると、今はまだ、アンモニアが大量な感じでしょうかねぇ。アンモニア検査の試験紙、有ったはずなんですけど、見当たらん。被災品と言うことで半値で売られていたので、以前買ったんですけどね。まぁ、アオミドロがたくさん発生しているということは、硝酸にまでも分解されているという事かもしれませんし、アンモニア段階で植物の栄養になる部分も有るのかもしれません。糞尿が肥料になるという、誰でも知っているような事ですが、どんな成分までかは良く知らない。硝酸とかリンでしたっけ?窒素?
となると、そういった肥料が金魚にとっては有害なものだとすれば、これに準じた園芸用の液肥を使って水を青くして、そこへ金魚を入れるというのも、私としては出来ないなと。液肥の濃度にもよるでしょうけど。と言うか、カルキ抜きさえ使おうと思わないです。マツモ育成は興味半分、金魚の餌、です。

matsumo28.jpg
レンズがまた50mmなので全体が入らない。なんか過密感が。アオミドロか。アオミドロを掃除すると、結構過密感が無くなるので、そう増えても居ないでしょうね。

週末に小赤のプラ舟に少し移して、餌用に苔を付けさせたいなと。夜だと、マツモを洗うにもよく見えない。
2009-01-28 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

お休み中のエドちゃん


今もしょっちゅうマツモに乗って休んでいるエドちゃん。マツモ入れといて良かったなぁと。これが無ければ、砂利の上か、舟へ直ですからね。マツモなら、フワフワ~っとして、いい感じでしょう。

ふっとい緑のものが見えちゃってますな。昨日のクロレラってことになるのかなと。消化、排泄まで、1日ってことでしょうかねぇ。あまり気にする事ではないですがね。まぁ、朝の赤虫も入ってるのかな。

上の写真を撮ってたら、起こしてしまったのか、泳ぎ出しました。朝も、赤虫を与えるとき、よく写真のような状態なのですが、臭いを嗅ぎ付けるのか、ハッと気がついたように、赤虫まっしぐらです。おもろいなぁと。

孤独を感じるんでしょうかねぇ。習性でもあるので、群れると安心する面も有るでしょうね。寂しいとかいう感情ではなく。やはり複数で飼っていたい面は有る。ただし、このように、マツモで休んでいる時間が長いですから、他の金魚と一緒というのも、エドちゃんの場合、体力的にきついだろうと。5月ぐらいに成って、動きが良くなれば可能かなと。まぁ、本水槽からこっちへ、さくらやタイガーを移すのも、向こうで鑑賞出来なくなるので、なかなか出来ないんですけどね。ずっと1匹では面白く無いでしょうからねぇ。何の為にエドちゃんはここに一人で居るんだと。エドちゃんの一生を考えてみたり。

ありゃ!やっぱり胸びれにある点々、追い星でしょうかね。前にも見た事有るんですけどね。間違いだろうと思って居たので。お腹が丸いし、1号、トンボ、さくらにも追いかけられて、お腹を突っつかれても居たので、メスだと思っていたのですが、分からなくなったなぁ。メスでも出る事も有るそうですからねぇ。メスは糞が太いと言うし。
2009-01-28 : エドちゃん(故江戸錦) : コメント : 0 :
Pagetop

おでき


実は1週間ほど前から、1号の頭に3カ所、おできが出来ている。2つは白いが、1つが黄色で赤が滲んでいる。3つともボール状。できものって感じ。ん?4つに成りかけているかな。エドちゃんの、芯が有って糸を引くのとはまた違う。エドちゃんのは粘液のような感じ。まぁ、1号も元気に泳いでいるので、放ってます。エドちゃんは、マツモに乗っかって動かない事がまだ有りますが、その頻度も減って、元気そうに泳いでいる事が多くなりましたので、こっちも放置です。

今日も、この本水槽WIDE900のゴミ取りは行いました。2日に1回は行っています。夏場は毎日でしたけど。GEXの「そうじやさん」でです。いつのまにか「おそうじやさん」と言うようになってましたが、「そうじやさん」ですね。
私が帰宅してから1時間は、掃除の為と、水の撹拌と、らんちゅうたちの気分転換の為にもセパレーターを外しますが、ライトを消す際にセパレーターはまた戻します。タイガーが追いかけられますので。

本水槽WIDE900の4匹には、まるとく赤虫を朝に1ブロック、午後に1ブロック、夜にはクロレラ1.5錠を与えています。が、これでも足りないのか、その後も4匹があっちこっち突ついてます。本能的にですけどね。1号が特にで、底石、マツモ、水槽面の苔、濾過器のスポンジを突きまくりです。水温は14度から16度で、そんなに沢山食べまくれるような水温では無いと思うんですけどねぇ。
餌を与え過ぎてはいけないでしょうから、これ以上与えませんけどね。外のマツモを小赤のプラ舟へ入れて、苔を付けさせようかな。苔がたっぷり付けば、また食べるかなと。今の時季は苔も付きにくいでしょうけどね。マツモ水槽ではなぜか苔は付かないんですよね。青水にはなっても。
2009-01-26 : らんちゅう1号 : コメント : 0 :
Pagetop

CIRCULAR PLのテスト

実は、このCIRCULAR PLフィルター、ほぼ使った事が無い。かなり昔に買ってるし、水の有る風景はしょっちゅう撮っているんですけどね。実際に見た風景も反射が有るので、それを落とそうとは思わないんです。が、今回、水中の金魚を写すとなると、話が違って来ますので使用します。

テスト。これは、本サイトの方の領域ですけど、金魚撮影と言う事で、こっちに。あっちにも載せようと思いますが。

PLフィルター無し。ライト、窓が反射しています。下のフィルター使用の写真と共に、ISO感度は800、絞り優先モードです。露出(明るさ)がシャッタースピードで自動調節されます。フィルター無しの場合、当然、ファインダーでもライトの反射が見えており、ライト部分が特に明るいので、シャッタースピードが速くなり、全体としては暗い写真に成る。1/500秒。

toro40_20.jpg
フィルター有り。ファインダーを覗いていても、写真以上に反射が見えません。露出補正で3段下げて撮り直しています。3段暗くしてもシャッタースピードは1/60秒と遅い。これは、フィルター自体にかなり濃い色が付いているからでしょう。サングラス並みです。補正無しだと、光が一部無視された為か、暗いと判断されたようで、露出オーバーの写真になった。

もう少しこの偏光フィルターを調べようかな。昔から所有しているものなのですが、仕組みがよく分からん。光の角度によっては、火鉢のように、反射がうまく抑えられないようです。
2009-01-25 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

火鉢の水換え


火鉢の抜いた水。5Lほどかな。火鉢は24Lぐらい入っているので、2割ちょいの水換えですね。黒い点々は、ゴミと言うか糞です。溜めたく無いので毎週掃除です。今の時季なら、下手すりゃ月一回でいいかもしれませんけどね。私はゴミを溜めたく無いのと、2割ずつでも水を換えた方が安心出来ますので。水質自体はそう悪くならないでしょうし、糞を濾して、水は戻す方が良いと言われているようですけどねぇ。換えてもいいんじゃないかと。まぁ、外に有る親魚の90cm水槽は、濾過2台ぶん回して、青水には成り得ない状態にしていますが、それでも冬は越せるなぁということもあるし。

hibachi9.jpg
火鉢を日だまりに移動させてから、水面の反射で中がよく見えない写真になるので、偏光フィルター(CIRCULAR PL)を付けて撮影。あんまり反射が抑えられませんなぁ。このフィルターを付けた場合は、フィルターのリングを回して、反射面が一番暗くなるときに撮影します。青味がかったフィルターなので、写真も若干青いです。シャッタースピードも、1/40と、フィルター無しの場合の1/125秒よりだいぶ落ちますので、手ぶれに気をつけないといけない。

PLfilter.jpg
レンズのフィルター用のネジ山は49mm。古いレンズなので、径が最近のレンズより小さいです。で、フィルター自体が55mm径なので、49mm→55mmのステップアップリングを付けています。ポケットにそのまま入れていたのでゴミが。

hibachi10.jpg
こっちがPLフィルターを付けずに撮影したもの。いくらか反射がきついですな。

あ、プラ舟のエアーストーン、エアー無しの1週間、何の問題も無かったので、要らないか、とまた抜いておいた。水流をもう少し抑えて、エアーを弱くすれば使いますけどね。今のポンプが調節出来ないので。まぁ、分岐コック付けたりすれば出来るんですけど。う~ん、分岐付けるか?
2009-01-25 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

週末は水換え

すこ~し雪がちらつきました。昨日は暖かいと思ったら、今日は冷えているようです。風も強め。が、外の水温はそうでもないか。プラ舟が3.9度。一時の1度台と比べれば温かい。氷も張らない。まぁ、まだまだ冷えますけどね。

室内の本水槽WIDE900、エドちゃんトロ舟40、外の小赤プラ舟FP60のゴミ取りを主とした水換え。WIDE900とトロ舟40は1/3。プラ舟は1/5ぐらいかな。


プラ舟、実は先週ブリラントフィルターを抜きました。今の時季、水質悪化はかなり遅いので、要らないなと。どのくらいで水が青くなるかなと。苔だらけではありますが、日照は1日2時間程度なので、時間がかかります。まぁ、先週より若干、水に色がついて来た感じではあります。

小赤達も元気そうにしています。

purabune19.jpg
そう言えばエアーが無いなと、思い出したようにスドーの3cmのバブルメイトを投入。ポンプはテトラのOX-45。水流が強いですなぁ。まぁ、プラ舟右半分に居れば、流されて泳ぎ続ける事も無い感じではあります。この時季、水流で泳がされ続けるのは、金魚にとっては最悪でしょうね。

明日は火鉢の水換え。
2009-01-24 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

雨~

小雨が続いていますが、外の小赤のプラ舟、火鉢には雨避けを被せていない。秋とは違い、飼育水に比べて、雨がそう冷たくは無いだろうというのと、少しは雨に降られた方が、小赤も変化する環境に強く成るだろうと。雨の方が飼育水より暖かいかもしれませんし。

餌は、1日おきでいいかなぁというのが有り、昨日の21日は外の和金には餌ナシでした。今朝は与えましたけどね。やっぱり食べたそうだなぁと。必要な分は与えるということで与えます。食べる必要が有るのに、餌を切る、という事の方がおかしいでしょうからね。青水の中なら、植物プランクトンを食べますね。これも実質、餌を切っているわけでは無いですね。水を青くして、植物プランクトンを与えている。冬場は餌を与えない、と言うのは、正確では無いですね。青水、青苔も無い更水飼育なら、人が何かを与えなければいけないでしょうね。更にいえば、青水の中でさえ、青水の代わりに消化の抜群に良い餌を、少量与えても良いはずだと。
冬場以外には、偏らないように数種の餌を与えた方が良いなら、冬場も、アオコだけではなく、消化が良いものを数種与えても良いはずだろう。一冬眠り続ける訳でも無いし。
まぁ、冬場は、栄養価的に青水で十分なのでしょうけどね。

いわゆる冬眠はしていないだろうし、餌も与えているということ。

そんな事はさておき、底石を全ての飼育容器に入れています。らんちゅうの場合は、入れない、という人が多いようですけど、入れても良いんじゃないかなと。
ゴミが見にくい、ゴミ掃除がしにくい、細菌の温床となる、水換えに支障がある?
私の場合、普通に気をつけて、まめにゴミ掃除していれば問題無いです。底石には苔が付き、苔が餌にも成り、濾過バクテリア、餌にも成るプランクトンの住処となり、ゴミの舞い上がりを抑え、ゴミを隠し、水槽の底面の反射を抑え、トロ舟に於いても見栄えが良く、底の石や土を突いてミネラルを補給するという、フナの本能とも言える行動を行わせ、ストレスを軽減する事も出来るでしょう。
と言うことで、全然メリットの方が多く、私は底石は入れ続けます。
2009-01-23 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

食ったか?


エドちゃんのトロ舟の苔。斑になっています。写真の、手前の方は自然にムラになった部分も有るようですが、食べてもいるんじゃないかなと。奥の方が特にそんな感じ。14度から16度ぐらいの水温にも慣れたというのも有るでしょうけど、餌を減らしたせいもあるかなと。以前は苔の付いたマツモが、だいぶその役割を担っていましたが。

元気が出て来たのも、餌減らしの影響も有るかな。やはり、14度ぐらいは有るとは言え、エドちゃんの場合は特に、苔を食ってた方が良いんじゃないかと。転覆持ちですからね。
で、この青苔、青水と共に、らんちゅうに限らず、金魚、川魚、果ては海水魚にさえ(たぶん)、自然の食べ物として良いようで。青苔には、植物プランクトンだけでなく、動物プランクトンも居るとか。青水は、イコール植物プランクトン、と言われているようですけど。どうせなら青苔で良いと言えなくもないかな。

edochan38.jpg
エドちゃん。そこそこ調子良さげ。写真もいい感じに撮れました。ちょっと暗かったので、Photoshopでレベル補正して少しだけコントラスト上げてます。サイズが横1280ですが、元はもっとでかいです。

2009-01-21 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

換えた

夜に両方はきついので、朝に本水槽WIDE900、夜にエドちゃんのトロ舟の水を換えた。共に1/3ほど。


本水槽は水深が24cmへまた1cm下がった。下げるつもりは無かったんですが。下げてこの辺がいいところ。前面の緑の苔はまたそろそろ落とそうかなと。濾過が、左にAX60、右にブリラントフィルター。セパレーターで左右を分ける時に安心感が有ります。水の中のアオコの量は減るでしょうけど、ま、いっかと。

sakura28.jpg
さくら、こっちへ戻すと、鼻上げやら逆さま泳ぎやらで変な感じです。600LOWではそうでもなかったんですけどねぇ。あっちは水深13cmぐらいだったかな。付け根の肉が変な感じの1枚のウロコ、そう悪くなっていないようなので、このまま。白い点はどうなったかな。落ちたかな。よく見ていません。(汗)

tiger36.jpg
タイガー。う~ん、やっぱり目が気になりますなぁ。出た感じになっちゃったなと。頭が透ける感じの黄色になって余計そう感じるのかもしれませんが、飼い始めた頃とは、やはり違うなと。まぁ、いいんですけどね。春で、誕生からまる1年でしょうけど、品評会の当歳魚などをweb上で見ると、サイズも大きく、肉瘤も立派ですよね。考えられん。育て方が半端無く違うんでしょうね。まぁ、私には真似出来ないでしょうけど。

ichigo16.jpg
1号。フンタンがまた少し出て来ているかなぁと。ツルンとしたフナ顔だった1号でも変わって来るんだなぁと。1号なりにということですけどね。

トンボも、相変わらず元気です。

トロ舟のエドちゃんも、以前よりは、マツモに乗ってグッタリ、の時間が減りました。動き回るようになってきてます。水温に慣れて来たのかな。で、トロ舟の苔がマダラになってきているので、もしかしたら、エドちゃんが食べているのかもしれません。たぶんそうですね。写真はまた。
2009-01-19 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

使い切ってしまった

外の和金親魚水槽の水を換えました。水道水を使えば、室内のらんちゅう達の水槽の分の溜置きを残せたのですが、私の体調不良からそこは省いた。胸焼け、胃の傷み。昨年8月末からずっと胃腸、食道が不調。病院へは行ったんですけどね。

で、和金親魚の90cm水槽は、水約60Lを新水と入れ替え。
で、この「新水」という言葉ですが、溜置き数日経ったものを言うと、「らんちうのすべて」に書いてあった。「更水」が汲んで間も無い水だとか。水道の蛇口をひねって汲んだばかりの水は、例えば風呂の水の場合に使うように、一般的に「更水」と呼ぶようですが、アクアリウムでは、「水道水」と直接使った方がいいのかな。
私が今まで使って来た「更水」、「新水」は、この分け方で言うと、両方「新水」ということです。今日使った水は、溜置き26時間ほどで、この場合も「新水」になるかなと。

話を戻すと、和金親魚の方。上部式の濾過槽の、ウールマットが結構汚れていた。前回見た時は大したことは無かったんですけどね。で、今回飼育水で濯いでおきました。水槽内に沈んでいるゴミはやはりそう多く無いので、結構上部式の濾過器に吸い込まれていたのかなと。プライムパワー10のストレーナーにはスポンジが付いてますから、大きいゴミは吸わないですし。

室内の本水槽の水換えは、明日夜かな。エドちゃんのトロ舟もついでにやっておきたい。
2009-01-18 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

水換え

水を汲み出すクリーナーポンプが見当たらず、しばらく外の火鉢、プラ舟の水換えをしていませんでしたが、家人に訊いたところ、ゴミ袋に入れたとさ。ほっぽってあったからだとか。参ります。捨てられないように保管しないとね。昨日ゴミに出しそびれたとかで、ゴミ袋から拾い出しました。
ポンプが出て来たので、火鉢とプラ舟のゴミ取りを主目的とした水換え。ゴミだけ濾して水を戻すということはしません。水換えもしていいだろうと。


抜いた水は、マツモ水槽へ入れます。今回は何が入り込んでいるか分からないマツモ水槽を奇麗に掃除。水も全換えです。マツモ、コウキクサ(?)を水道水の入ったバケツへ入れ、濯ぎます。水道水なら、多少は殺菌できるかなと。上の写真の青水は、何が入っているか分からないので、青くしたいからと言って、火鉢等に入れることはしません。

matsumo26.jpg
火鉢とプラ舟の水に入れ替え。澄んでますなぁ。コウキクサが多少減ったかな。濯いだ時に少しゴミになったので。

また和金親魚の水槽を後回しにしてしまったなと。明日は室内の本水槽の水を3割換えるつもりなので、溜置きも20Lは残るでしょう。それに水道水を足して、和金親魚の水槽のゴミ取り時に使おうと思います。50Lぐらい換えたいので、バケツ3個にも水を汲んで溜置き。

ところで、この、ビニール温室での、ヒーターを使ってのマツモ育成ですが、ダメですな。電気代が勿体ないです。マツモの場合、光量はそう要らないですから、室内の、15度水温がある環境で十分ですね。生体か、二酸化炭素添加によって、十分二酸化炭素が有る環境で良いだろうなと。まぁ、私の場合、マツモを育てる為だけの水槽を室内に置きたくは無いので、こういう方法を採ったわけですけどね。室内の、水槽とトロ舟にもマツモは入ってますけど。
にしても、全然らんちゅう達が食べなくなったので、育てる必要性があんまり無いですなぁ。
2009-01-17 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

板効かず

昨夜、2枚の板をへの字に乗せておいた外の小赤プラ舟。板が効かず、朝も氷ってた。昨夜から氷ってましたけどね。今からが最も寒い時季ですからね。風が無くても十分冷えますなぁ。

来年の冬を考えると、もちっと水深の有る舟が要るのかなぁと。まぁ、来年の冬には、そう何匹も今の小赤を残してはおけませんけどね。今のプラ舟では狭すぎです。プラ舟60ということで、水量は55Lがいいところ。とすると、成長した来年には5匹がいいところか。つめて10匹。今70匹ですからね~。貰い手を探さねば。

さくらのウロコですが、どうもイマイチです。ぶりかえすかもしれないなぁ。剥がれ気味に。付け根が良く無いようで。で、その少し浮いたウロコに白い点が。塩を使った場合、溶け残った塩つぶで似たようにもなるのですが、本水槽で塩は使っていない。白い体ですから、よ~く他も見ておかないとな。そんなこんなで、また隔離するかもしれません。

和金親魚の90cm水槽に、マツモを3本入れておいた。マツモは食べられることを前提としてますので、新芽がいくつも付いている物では無く、1本が長めに伸びている物。新芽が分かれているところはそこでカットして。らんちゅう達の餌なのですが、食べないので、和金親魚にやっちまえということで。と言いつつも、水槽には食べられる物が殆ど無いですから、食べる必要が有るなら自分で食べてくれということです。どれだけ餌が必要なのかよく分からない面が有るので。
2009-01-16 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

火鉢の水


今日は午後10時前の写真。火鉢と、下のプラ舟両方です。火鉢は日当たりが良いのですが、今の時季では、なかなか外では苔は付かない。水も青くならない。水を少し移植してみるか?
更紗、3匹写ってますかね。お腹が少し白いだけのも居ますから、それは、上見では見えにくいですね。

今朝は、プラ舟が氷っていた。前の晩、蓋を2枚、への字に乗せるのを忘れました。北風避け1枚被せてますけどね。この場合、昼間に西日が入ります。火鉢は、氷らなかった。

purabune17.jpg
写真を撮る前に、薄氷を取り除いた。今夜は、今冬一番冷えてるんじゃないかな。写真を撮った後、今日は忘れずに2枚の板をへの字に乗せておいた。プラ舟も日照が日に2時間無いので、ちと新しい苔は付きにくいでしょうね。移動して日照を長くする気は無いんですが。
2009-01-15 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。