和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ナノスポンジフィルター使用開始


本水槽で丸2日以上濾過させた、少しは濾過バクテリアが付いたと思われる、ナノスポンジフィルターLS-30を、溜置きの水でゴミを落としてから、エドちゃんのトロ舟へ設置しました。
ナノの使用感ですが、本水槽のエアーポンプ水心SSPP-3Sのダイアルを回して、エアーの出を抑えても、吐出口の泡の音がしますね。う~ん、テトラに軍配を上げざるを得ないかな。見た目が黒っぽいので、目立たないのは良いです。水位が足りず、上の写真を撮ったあと、トロ舟に溜置きの水を追加。水深13cmほどにしました。それでもまだ、吐出口は出ていますので、通常なら、水位は最低でも15cmぐらいは要りそうです。パイプをカットして、スポンジ部分を寝かせて使えば別ですが。
たぶん、今の状態では、濾過バクテリアが十分ではないので、ここ数日での増殖を期待。水温は15度ぐらいは有る。外の場合の水温5度という環境で、濾過バクテリアが十分増えるのかは知りませんけど。

トロ舟、日がよく当たる箇所に苔が生え始めました。緑色をしていますね。いい事だなと。もっと増えろ~って感じです。

600low4.jpg
さくらを隔離している、エドちゃんのトロ舟の上に設置している600LOW水槽に、エドちゃんで使っていたブリラントフィルターを移動。今はもう、薬も塩も入れていません。細菌が少ないと思われる更水のみで、さくらのウロコの付け根の自然治癒を待っています。まだ本水槽へは復帰しない。まぁ、戻してもいいのかもしれませんけどね。ウロコが一カ所剥がれ気味というのは、ほぼ治っていますので。ウロコの付け根はもう少し。

だんだんと600LOW水槽での通常飼育環境が整って来てますが、さくらを本水槽へ戻したら、エドちゃんを薬浴させるかもしれない。つまり、取り敢えず、隔離、薬浴用の容器としてこの600LOWをキープしておかなければいけないので、さくらをこのまま、とか、タイガーをこっちに、とかは、まず無理です。そうしてしまった場合、さらに薬浴用容器が必要になる。外のマツモを入れるというのも、止めておいた方がいいなと。
スポンサーサイト
2008-12-30 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

エドちゃんとさくら

edochan36.jpg
エドちゃんの頭の、2個に増えつつある白い雲、また1個、尾を引く芯が有るような感じになってきた。う~ん、細菌増殖気味か?一度薬浴させた方がいいかもしれないが、もう数日様子を見てからにしようと思います。

さくらのウロコの間からの肉のはみ出しも相変わらず。悪くはなっていないので、時間は掛かるでしょうが、回復するかなと言ったところ。

エドちゃんを薬浴させる場合、トロ舟の環境はそのままにしておいて、600LOWで、と思っていますので、それまでにはさくらを本水槽へ戻したい。それにはあと3日は要る感じですかね。エドちゃんの様子をあと3日見るのは少し長いかもしれませんが、まぁいいだろうと。

で、今朝は外も風が殆ど無く、小赤のプラ舟の水も氷らなかった。水温は1.3度と低いですけど。ん?もう少し低いと、プラ舟の水全部が氷っちゃいそうですね。水温計の表示がおかしいか?
で、今の水温で、北風が強いと氷るということかなと。つまり、風を防ぐ事が氷が張るのを防ぐ事になるかなと。今度氷りそうなときは、違うもう少し重量の有る板を使って、風で飛ばないようにしようと思います。
小赤に与えるミジンコですが、よく見たら、あんまり食べませんね。少し寄って来てパクパクしてるので、食べてると思ったら、そうでもない。日に1度与えるにしても、午後がいいかもしれないな。それとも、餌を切るかですな。
2008-12-28 : 病気について : コメント : 0 :
Pagetop

ナノスポンジフィルター


以前、小赤を30cm水槽ごと譲った時に、追加して譲ろうと思っていたが、近場では手に入らなかった、LSS研究の、ナノスポンジフィルターを買ってみた。700円ほど。
治療中のさくらで使っている水槽、アクアスタイル600LOW用のフィルターが無いというのもちとまずいかなと。薬浴中は使えませんが、それ以外のときにはフィルターを使ってもいいかなと。まぁ、細菌感染を通常の飼育環境より気をつけるには、頻繁な、更水での水換えが必要なので、フィルターを入れて何日も水換えしないというのもなんなんですけどね。

と言うより、エドちゃんのトロ舟の、スポンジ1個のブリラントフィルターと替えようかなと。まぁ、トロ舟に絞るなら、スポンジサイズ的に、ブリラントフィルターに繋げて使う、ニューダブルブリラントフィルターの方が良いのですが、これを使ってみたいというのと、ブリラントフィルターを空けておけば、600LOWでフィルターが必要なときに、それを使えますから。

で、追加のフィルターとしては、水深が浅くても使えるものになりますので、先日書いた外掛け式より、水中モーターを使った水中フィルターかなと、それも候補でした。横に倒して使う事も出来るようなので。それとこのナノと、どちらが良いかと考え、今回は、以前から使ってみたいと思っていた、このナノスポンジフィルターに決定しました。

エドちゃんのトロ舟では、スポンジフィルターのスポンジに濾過バクテリアをしっかり付けておきたい。その場合、スポンジが2個というのも、掃除を交互に行う事が出来、1個より有利な面が有りますね。ダブルブリラントでも出来ますけど。
物理濾過力アップと言うより、2つを交互に洗う事で、生物濾過力アップと安定が狙いです。

取り敢えず、1日、本水槽の方で回してから、エドちゃんのトロ舟に入れようと思います。

今日は、小赤用の冷凍ミジンコも2枚購入。金魚も眺めて来ました。浜松産のらんちゅう13cm~15 cmほどが3匹、1匹1万円。う~ん、1匹白点、1匹ぐったり、もう一匹も元気無し。日焼けして赤が濃いですが、ちと日光浴び過ぎなんじゃないか、焼け過ぎて痛々しく見えてしまいました。病気持ちのようでしたし、メチレンブルーが入っていたようなので、赤が茶色っぽく見えたせいも有るでしょう。38,000円の江戸錦、大きい。頭もそこそこ出てますが、腹がまたでかい。比率的にエドちゃんよりお腹の太さが有りました。あそこまででかく成るのか、それともでかくさせられたのか。頭は黄色、体も白い部分が多く、柄も大きさも全然違いますが、体型的にはエドちゃんと良く似ています。中国ものかなぁと。よく分かりませんけどね。
2008-12-28 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

INNOβ-4000、パーツ交換


INNOβ-4000を開けてみると、丸い2つあるゴム部分、ダイヤフラムが、いかんようでした。400円ほどでパーツを買って来て、交換してみた。

innoB4000_3.jpg
まず、2つずつある弁、弁抑えを交換。右のパーツが新しいもの。

innoB4000_4.jpg
次にふたつのダイヤフラムを交換。右は古いもの。

ポンプ裏面の、直径18mmの丸い3mm厚ぐらいのフィルターも交換。

が、しか~し、ネジを留める、内部に有る足が3本破損。
innoB4000_5.jpg
アイヤ~~!閉めるときにネジ回し過ぎた。まぁ、開けるときに既に1本折れましたけどね。にしても脆く成っていたのでしょうね。時間の経過で、ネジとプラが接着した感じにもなっていたようです。回すときにプラ部分の根っこに負荷が異常に掛かったようです。

innoB4000_6.jpg
こんな事になってしまいました。

で、コンセントに繋げて試してみましたが、最悪にうるさくなってしまいました。エアーはしっかり出るようになったんですけどね。うるさいのは、ネジでしっかり絞められていないのも有りますが、それ以前に、ダイヤフラムの音がひどくなったなと。再分解してダイヤフラムを留めるネジをゆるめてみましたが、ダメでした。

結局、これでは使えないなと。


2008-12-27 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

日当たり変わらず


室内の窓際の、エドちゃんのトロ舟。置いているラックの上の段に600LOW水槽を置くように成って、日が当たる部分が2~3割減るかと思いましたが、ほぼ今まで通りのようです。それだけこの時季の太陽は低いんだなと。角度が有るので、トロ舟の側面が影に成る部分も多い。

今日は、トロ舟、600LOWの水を換えよう。明日は本水槽。その次が外の、火鉢、プラ舟、和金親魚の水槽。外のものはあまり水をかき回さないように、魚に負担をかけないようにしないとね。
2008-12-27 : 飼育環境 : コメント : 2 :
Pagetop

冷えた


昨夜被せておいた風避けが、朝見たら外れていた。風で飛んだようです。石を乗せておいたがやっぱり軽かった。これで飛んだら仕方が無いとは思っていましたが。

で、プラ舟の水が氷った。水温2度どころでは無かったなぁ。氷点下ですな。氷るのは1月からだろうと思っていたんだけどな。まぁ、氷っても、氷の厚さは昔のように3cmになるとかは無いでしょうね。氷ったところで、金魚が死ぬという事は無いのは分かっていますが、氷らない方が何かと良いですね。氷れば、氷を抜いた方が良いですし。
プラ舟の下の90cm水槽はもちろん、別の場所の火鉢の水は氷っていなかった。火鉢と比べてプラ舟が冷えるのは分かっていましたが、どうしようかな。北風が吹き抜ける今の場所ではなく、家の南側にするとか?しかし、置く場所がなぁ。何かをどかさないと置けないし。あぁ、マツモ水槽の日だまりの方がいい感じではあるな。う~ん、台が要るな。どうすっぺ。このままの場所で冬を越そうとは思っていますけど、可能性としてそれも有りかなと。

氷を抜いてから、取り敢えずミジンコを与えておきました。小赤の動きがトロイですけど、食べますね。1日1回の給餌です。消化不良が有り得るかもしれませんが、まぁ、人工餌とは違いますから、大丈夫だろうと。親魚の方は赤虫です。
2008-12-27 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

冷える


今夜は冷えますなぁ。風が強い。外のプラ舟の水が気になり、風避けを乗せておいた。水の冷えをどれだけ抑えられるのかは微妙ですが。風が無くても水温4度ぐらいにはなるでしょう。それが、水面を吹き抜ける風で、2度とかになったりするのかな。
水の中ですからねぇ。人間が感じるような、風が直接当たって冷えるのとはちょっと違うか。

年末年始で小赤用の冷凍ミジンコが切れるかもしれない。仕入れておこう。
2008-12-26 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

隔離水槽の水換えが


ウロコの間の肉がはみ出し気味と言うか、穴あき気味のさくらの、隔離水槽600LOWの2日ぶりの水換え。う~ん、100%の水換えを行うとバケツ3杯分+やかんの熱湯が必要で、結構面倒になるため、バケツ2杯分+熱湯で、2/3の水換えで済ませてしまいました。さくらも退避させず、そのまま水槽の中に入れたまんまです。退避させるのも結構面倒と言うか、あんまり移動させたくないと言うか。
ベアタンク状態なので、ゴミを網で取り除くことは結構いけます。ホントにこまか~いもの、水に溶けたものは取り除けませんが。
まぁ、3回に1回は、100%換えようと思ってます。

で、薬の量は、規定量の半分でしょうかね。あと塩0.2%です。

患部の状態は、コンデジでの写真では分かりにくいですが、そう変化は無し。まだちょっと注意が必要だなと。

で、そのコンデジの、先日取り寄せてもらったバッテリー、NP-FS12は、昨日の写真から使っています。その前に古いバッテリーを試したのですが、NP-FS11が2つ、もうダメで廃棄です。もう一個の、NP-FS12がまだ何とか使える。これは3つのうちでは一番新しいものですね。型番から言って。
にしても、出費ばかりでやんすなぁ。昨日もINNOβ-4000の部品がまずそうだ、交換しなきゃとか書いてるし。まぁ、部品換えて使えるなら、換えといた方がいいんですけどね。

で、エドちゃんなのですが、頭の白い点、また少しだけ違う場所に1個出てます。う~ん、こっちも気になる。さくらの水槽の水が2日でかなり汚れるので、ブリラントフィルターが付いているとは言え、エドちゃんのトロ舟も実は結構水質悪化が早いような気がします。水量的にもぼ同じですしね。1週間に1度の水換え、フィルター掃除ではまずいかなと。で、4日に1度は水換え、フィルター掃除をした方が良さそうだなぁと。糞取りは目立つものは見つけ次第スポイトで吸い取ってますが、底石に埋もれた糞、ゴミは水をかき回さないと分かりにくいですから、その掃除をする為にも4日に1度かなぁと。
2008-12-26 : 病気について : コメント : 0 :
Pagetop

INNOβ-4000、パーツ劣化か


室内のエドちゃんトロ舟40とさくら600LOWの2つに、2口有るエアーポンプ、ニッソーINNOβ-4000を使ってみた。先日、物置から出て来たもの。
昨日は力α-6000を使っていましたが、室内では音がちと大きいと感じました。Hi、Mid、Loと、三段階の調節つまみが有るうち、Loではなぜかさくらの方のエアーストーンからエアーがでないので、Midで使用するしかなかった。
で、βシリーズは、静かさを追求したものだそうで、室内でもそこそこ静か。このINNOβ-4000は、定格消費電力3.5W、吐出量3.5L/分。力α-6000はそれぞれ4.5W、Hiで6L/分。INNOβ-4000にはつまみが有り、バランスをとれるというのはOK。

が、使ってみたところ、うまくバランスさせるとどうもエアーが弱い。う~ん、古いから中のゴムがいかれてるかもしれない。パーツ換えが必要なようだ。という事で、写真を撮ったあと、力α-6000に戻しています。エアーストーンからの泡の音も含め、静かになるように設置して。

写真、フラッシュ焚くとだいぶ実際と違って来ます。フラッシュ焚かないと暗いし粗いしでやむを得ず。う~ん、微調整しにくいコンデジ。さすがに今回は水の色付けまでやってられませんでした。
さくらの居る600LOW水槽ですが、1日半ほど経過して、やはり結構ゴミが出ました。この水量(約22L)ならと、網でゴミを取りました。写真はその後の撮影です。30cm水槽では、少ない量の水に溶け込んだゴミを考えると、ゴミ取りするより水を全て換えてしまった方が安全だろうということで、毎日水換えでした。

さくらの怪我の部分は、今日は見ていません。明日水換えの予定ですので、その時によく見ようと思います。

さくらとエドちゃんの餌は、朝、昼、冷凍赤虫半ブロックずつ、夜クロレラ半錠ずつ。赤虫が多いですが、朝、昼1ブロックずつを5匹に、というのも少ないのでこうなってしまってます。う~ん、どう調節するかな。夜のクロレラを無しにすると、赤虫だけになってしまうしな。本水槽、エドちゃん、さくらの、餌の組み合わせを細かく指定して家人に頼むのも無理っぽいので、今のままですなぁ。
2008-12-25 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

アクアスタイル600LOW使用開始


隔離用水槽、コトブキのアクアスタイル600LOWを使用開始。水槽の下には、水槽の箱をカットした段ボールと、付属の黒い、3mm厚ぐらいのマットを敷いてます。ガラス蓋も付属していたので装着。見た目がいいですな。隔離用には勿体ないな。

これで水を2日は使えるかな。30cm水槽では水質が特に気になりますので、毎日水換えが必要でした。まぁ、水槽が大きく成って、水を入れたまま運んで、水を捨てる、ということは出来なく成りましたが。

エドちゃんのトロ舟の上なので、トロ舟の日当たりが悪く成りそうですが、今は日に角度が有りますので、遮るとしても今までの2~3割ですかね。まだ実際にはチェックしていませんが。

今は、水量約22L、水深13cm弱という感じです。隔離治療には十分な水量かなと。上の写真、実は水の部分を色付けしています。実際の見た目、薬の色を再現。それでも実際はもう少し色が有るんですけどね。その色にしようとするとちょっと不自然なので、そこそこで。
撮った写真自体の色はこちら。
60low3.jpg
う~ん。コンデジのホワイトバランスでは色を再現出来ないな。残念っ!
2008-12-23 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

土管再び


らんちゅう達を飼い始めた頃に購入した土管を、プラ舟FP-60に入れてみた。落ち着ける、隠れ場所になるかなぁと。

午後2時半頃の写真で、午後1時頃が一番日当たりがよい。たかが小赤ですが、日当たりがいい時間に眺めると、暢気だなぁと、ホッとします。日が陰るとちとつまらない。写真を撮る気もしなくなります。

何匹居るのやら。数えるのも面倒ですから、数えませんけどね。70匹としておきますが、もっと居るかな?
2008-12-23 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

隔離用600LOW水槽


今、隔離中のさくらは、水量10Lの30cm水槽で、水量が足りません。隔離時に使用する容器には、空いている青いツールボックスも考えたのですが、魚体を隅々まで見るには、やはり水槽の方がいいですね。そのうち、らんちゅう達のうちの1匹、単体での飼育、鑑賞も有り得るので、この夏頃から考えていた、60cmの底の浅い水槽をゲットしました。コトブキの「アクアスタイル600LOW」、3,200円ほど。2.000円ほどの、黒いフチの有るものも有りますが、ここはちょっと雰囲気の良いものを買ってみようとフチなし。59.2cmx30cmx23cm(H)で、容積36L。まぁ、目一杯入れませんし、ラックの棚の耐加重が30kgなので、入れて27Lというところですかね。サイズが60cmx45cmx30cm(H)のスズキの水槽も考えましたが、水を十分に入れるとラックの耐加重を超えますし、水深は入れて18cmぐらいにするつもりです。何より隔離治療用には大き過ぎだと。

このあと早速、水を入れて、さくらを移そうと思います。薬を使う場合、濾過はしませんので、濾過装置は新規購入していません。通常飼育をするなら、外掛け式を仕入れる事になるかな。

で、もし、来春タイガーが抱卵した場合も使う事に成ると思いますけど、どうでしょうかね。仔引きするには、ちょっと小さいですね。90cmワイドで仔引き、こっちがオス待機用になるかな。まぁ、抱卵するかは先の事なので、全く分かりませんが。
2008-12-23 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

コンデジ再び


α Sweet Digitalを再び修理に出したので、コンデジでの写真です。う~ん、ほぼ使う事は無いと書いたばかりなのに。(笑)

ピントはマニュアル。フラッシュ使用ですし、ホワイトバランスまではいじっていないので、グリーンFゴールドの色が透けちゃいました。さくらの頭も実際より白っぽいですな。

にしても、人によってこうも対応が違うかと言うくらい、今日の修理担当の店員はいい感じでした。戻りは来年になると言うのですが、ちっとも気分が悪くない。本来既に直っているべきところですが、年末年始が使えないのも、別に構わないです。

で、さくら。この写真だとウロコの状態が分かりませんね。少し頭側か、尾の方から撮らないと。この写真で見る限りは、ウロコの尾側半分の剥がれが無い感じ、充血も無い感じで、まだ、肉のはみ出しが少し有る感じですね。

帰宅するまで水質が気になってヒヤヒヤでしたが、なんとかOKで、帰宅後即、撮影前に100%の水換えをしてます。規定量の1/3ぐらいのグリーンFゴールド+塩0.15%ぐらい。段々と環境を本水槽に近づけていこうかなと。

らんちゅう水槽ですが、どうすっぺかなぁ。だいぶ前からも書いているんですけどね。ほんとに必要なのか?ってことで長引いてます。
2008-12-23 : さくら(故桜錦) : コメント : 0 :
Pagetop

久々の里子へ

久しぶりに小赤を7匹里子へ。以前譲った方の知り合いの方へ。張り紙を止めてから1件も無かったのですが、何ヶ月ぶりかなぁ。以前譲った方の知り合いの方へというのも当然ですね。里親募集中なのをアピールしていませんから。
30匹ぐらい持って行ってくれると助かるのですが、普通に飼うなら5匹がいいとこかな。大きく成ったら、60cm水槽に7匹というのも過密ですからね。
プラ舟の方も過密なので、来年の春過ぎにはなんとかしないといけなくなるなぁ。

で、先日修理から戻ったデジイチのα Sweet Digitalですが、完全には直ってませんねぇ。電源が入ったり入らなかったりします。店でチェックした時は2回電源を入れただけなので、というか、直したとほぼ信じていたのですが、数回使ってみたら、また電源が入らない事がしばしば。メモリーカードへのアクセスの問題ではないようだし、やっぱり駆動系っぽいんだよなぁ。初期不良とそっくり。今回の修理では基盤を換えたようだが、なんか違う気がするなと。今回も1月の時と同じように、初期不良のリリースをプリントアウトしたものを持って行って、この症状と似ている、と言ったのですが、向こうは、「無料で直せ」と言っていると勘違いしたようです。「違うのであれば、この保証は効かない」というような事を即答しよった。症状がこれとそっくりだ、電源を入れた際に動く駆動系パーツや、その付近の電力伝送系統じゃないかという事でリリースを見せたのになぁ。今回はそのプリント受け取らなかったし。
はぁ、また直しかな。説明するのも面倒なんですよね。「落としたりした場合、保証は効きません。」ってさ、誰に対して言っとんねん、って感じです。落として壊れたなら、最初に、落として壊れたって言いまんがな。
修理から戻って来たからには、直したものを引き渡してくれないとね。「電池は切れてませんか?」とか言う以前に。
2008-12-22 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

冷たい


外の小赤プラ舟FP-60の、数日間の最高水温と最低水温をマルチ水温計で計った。
最高水温10度、最低水温4.7度。ここのところ朝の給餌時の水温が6度弱なので、冷えているのは分かってますが、4.7度かぁ。冷たいですなぁ。

この水温でよく死なないものだと、その適応力に感心します。環境に体温を合わせる能力も大したものだということ。小学生でも知っているような事ですが、観察して改めて思わされます。
ほ乳類のクジラは、冷たい海でも生きられる。分厚い脂肪が体温低下を防いでいるのかな。イルカはどちらかというと暖かい水域に居るようですから、クジラほどは脂肪が付いていない感じですかね。まぁ、イルカ、クジラと呼ばれるものも曖昧で、生物学的にはそう違いが無かったりするようですけど。
東北でもイルカが水揚げされることも有るようですが、冬場はどうなんでしょうね。南へ下るとか?

写真は、和金親魚水槽のフタの上です。今は与える事がほぼ無い、テトラフィン、テトラフィンベビーなどの容器が写ってます。たま~に与えて来ましたが、ほぼ、もう与えていません。そのうち廃棄かな。室内のらんちゅう達の粒餌、咲ひかりも、たまにしか与えていませんので、これも使い切らないでしょうね。
あと写っているのは、このスペース上の天板の上に有る小赤約70匹のプラ舟FP-60で使っているブリラントフィルター用のエアーポンプOX-45。振動防止の為に、ウレタンを敷いてます。これでも、置き方に寄っては振動が有る。

今日は本水槽90cmワイド、エドちゃんのトロ舟40、薬浴中のさくらの30cm水槽の水換えと、90cmワイドのフィルターのストレーナースポンジの掃除。
ちゃっぷい、ちびたい。
2008-12-21 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。