和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

誉子も

さくらと誉の仔の、誉子(たかこ)も死んだ。室内の4段ラック最上段の600LOW水槽で、誉、ランとの3匹で飼育していた。死ぬ3日前に、3匹とも、白い粉を振り掛けたような病気に掛かり、1日薬浴させて、新水100%の600LOWに戻したが、誉子(たかこ)の動きは良く無かった。戻して2日で死んだ。誉子だけ、隔離、塩浴、水温を下げるなど、続けてれば良かったんだろうけどね。

ちなみに4段ラックの一番上というのは、冷房が、下段に比べて効きにくい。水温で2度違って来る。人が居ない昼間は冷房無しで仕方が無いが、人が居て冷房を使う場合に、低い位置に飼育槽が有る方が水温が下がり、金魚の体力的に、少しはいいかもしれないなぁ。

600LOWではスポンジフィルターを2つ使っていたが、2つともエアーの出が悪く、酸欠も有ったかもしれない。残った誉とランの2匹も、その後動きが悪く成ったので、片方のフィルターを、エアーが沢山出るエアーストーンに替えたところ、動きが良く成った。

水質、エアー、ほんとに暑く成る真夏は、普段以上に気を付けないとね。


ここ2週間、ちと金魚の面倒をしっかり看ていなかった。金魚の飼育槽があちこちバラバラに10個、カメも入れると11個有ると、管理が手薄に成ってしまう時期も出て来る。給水、排水の配管も整っている舟がズラッと並んでると、また違うんだろうけどねぇ。
スポンサーサイト
2011-08-21 : さくらと誉の仔 :
Pagetop

水換えデー

今日は水換えデー。最も水量の有るFRPジャンボ280以外の、飼育槽8つを水換え。室内が、600LOW、ADA60cm、トロ舟40、WIDE900。外が、プラ舟FP60、60cm水槽、90cm水槽、トロ舟G-100。

トロ舟G-100
G100_16.jpg
ここ数日暑いので、苔の付着、青水化が早い。苔を落として、新水98%ぐらいで水換えした。水温約26度。

GW頃、少し水換えをさぼったら、トロ舟G-100の4匹がお陀仏に成っていた。うち3匹は、横倒れ沈下個体で、体が麻痺して、まともに泳げなかったヤツらだ。もう1日早く、掃除、水換えしていたら、汚れた水の中での苦しそうな呼吸を助け、助かっていたかもしれない。が、遅かれ早かれ、普通には生きられなかっただろう。今も横倒れ沈下、転覆個体が、数匹居るが、今後も、それらから、お陀仏になるだろうな。

このトロ舟G-100の個体達は、はっきり言ってハネなのだが、水槽で眺める分には、そこそこ見られる個体も居る。今後、室内の水槽で飼う事も有るだろう。まぁ、要らない個体が殆どなんだけど。


で、ひまわり第三弾、「プラド レッド」
himawari05.jpg
今回も、種にカッターで傷を入れ、芽が出やすくして、水に浸けている。

家庭菜園のスペースから考えると、あと30個ぐらい種が要るかな。
2011-05-22 : さくらと誉の仔 :
Pagetop

他の2匹の写真も

室内のADA60cm水槽の桜錦4匹。先日、メスが追われていたが、セパレーターを外しても、追われる事は無いようだ。

後ろが、先日の写真後ろのオス。モザイクちびっと。4匹の中では一番小さいか。
ada06.jpg
写真前は、はっきりはしないが、たぶんメス。位置的に良く無いけど、お腹に少しモザイクかな。差しが有るようだが、殆ど気にしていない。

オス。柄が、上のオスと似ているが、少し大きいし、背なりも違う。モザイク無しかな。
ada07.jpg

先日、卵をこぼしたメス。1枚、普通鱗が有ったような気がするが。。
ada08.jpg

頭を出すには、並以上に餌を与える必要が有るんだろうけど、ちとこの4匹には、多めに与えても無理かなと。あんまり期待していない。孵化後2~3ヶ月までにしっかり育てておかないと、素質は開花しないんだろうけどね。


秩父の芝桜を見て来た。放射性セシウムが少しは積もっているんだろうけど、マスクもナシで見物。普段、都内でもマスクしないしね。というか、誰もマスクしてなかったぞ。
hitsujiyama1.jpg
この間も載せたが、秩父の農用地土壌からは、3月末で109ベクレル/キロ、東秩父村の牧草からは、340ベクレル/キロの放射性セシウムが検出されている。
写真は、2枚を合成。ちと適当。

武甲山
hitsujiyama2.jpg
幕末にタイムスリップしたら、ここからはセメントがいっぱい採れ、砂と砂利を混ぜて、鉄筋を通して柱や壁に使えば、頑丈で、火事にも強い屋敷が出来ます、とか言ってみたり?セメントよく分からないんだけどね。
それよりやっぱり、上水道、下水道、電気、栄養面かな。中東から油か?電気を起こす仕組み、エンジンの造りもよく知らないからなぁ。おかしな事言って、不審人物として捕らえられ監獄死、って感じかもなぁ。

漆喰には、古くからここの石灰が使われていたそうで、セメントとしては、明治期から使ってたとか(ウィキペディア)。
2011-05-09 : さくらと誉の仔 :
Pagetop

モザイク

室内の600LOW水槽の、桜錦の誉の仔5匹のモザイク具合。

左は5腹目、右が6腹目。
600low27.jpg
左は、ちと背下がり悪し。2匹とも頭も出ないかな。

5腹目。モザイクなし。
600low28.jpg
比較的形がいい。ちびっと頭出そう。

5腹目。ちびっとモザイク。
600low29.jpg
背なりがあれだが、うちの仔の中では、形質的にいい方。

6腹目。モザイクまぁまぁ。
600low30.jpg
白勝ちのちびすけ。6腹目は、小さい時に栄養が足りなかった。虚弱なのか、餌食いもイマイチ。

誉5腹目は全長6cm弱ぐらい、誉6腹目は全長5cm弱かな。外のFRPジャンボに居る誉子(たかこ)は、誉2腹目で、全長6cmちょいかな。2歳だというのにどれも小さいが、ここ2ヶ月で、いくらか大きく成っている。

孵化2ヶ月ぐらいは、沢山餌を与えた方がいいのだろう。5腹目は、室内で孵化させ、しばらくは室内で飼っていた。6腹目は外で孵化だったかな。平日昼間は仕事なので、ブラインシュリンプを与えるのは、日に2回がいいところ。外の場合は朝のみの1回だったかな。日中は、どじょう養殖研究所の「Glow A 稚魚用 微粒」を家の者に頼んで、1~2回与えてはいたんだけどね。給餌が日に3回じゃ、ちょっと足りないのかなと。小さいうちは、5回ぐらい与えた方がいいか。
それと、6腹目は、あんまり期待していなかったので、ブラインシュリンプを3週間で切っちゃったっけ。で、Glow Aと、冷凍ミジンコにした。

ブラインからミジンコに移行してからも、1回に与える量が少ないんだろうなと。多過ぎじゃん、ってくらいがいいのだろうな。

まぁ、とにかく、初期に、ブラインをたっぷり、何回も与えられればいいんだろうなぁ。仕事で無理だけど。

今は、赤虫、咲きひかり色揚げ用、テトラらんちゅう、らんちう貴族を与えている。日に3回。お腹が垂れてしまうのは、人工飼料の割合が多過ぎなのかもしれない。


で、タケノコ関連。
少し前、近所の人にタケノコを頂いて、嫌な気もしつつ食べたが、福島のタケノコで、暫定規制値を越える放射性セシウムが検出されたとか。伊達市で1,820べクレル/キロ。
4/12時点での伊達市の土壌の放射性セシウム134と137の合計が、最高で4,086べクレル/キロ。稲の場合、土壌の濃度の1割分が吸収されると聞いたが、タケノコは、下手すると、1,820/4,086で4割分以上か。土壌に含まれる放射性物質の量のデータが適当なんだけど、12日のデータで、一番割合が低くなる数値を使ってこれだからね。
むぅ~、都内の土壌が分からないので、なんとも言えないが、埼玉の土壌が参考には成るかな。やっぱり、セシウム食べちゃった?テレビしか見ない世代は、自分ちの敷地に放射性セシウムが降り注いだとは、思いもしないんだろうな。どうすっぺ。
米が1割分吸収するとして、土壌の濃度が3,000べクレル/キロだった場合、300べクレル/キロの濃度の米が出荷される事に成るか。悪いけど、遠慮させてもらおう。先に言っときます。後から風評被害とか言わないで欲しいからね。10べクレル/キロなら、まぁ、いいかって感じ。
2011-05-07 : さくらと誉の仔 :
Pagetop

卵出た

桜錦2歳兄妹
ada05.jpg
写真前方のメスが、卵をこぼしていたが、その時は、セパレーターで単独にしていた。

ADA60cm水槽にはオス2匹、メス2匹が居るようだ。

卵をこぼしたメスの負荷を考え、オス2匹で追わせるのではなく、写真のように、オス1匹と一緒にし、他の2匹とセパレーターで分けた。が、写真後ろのオスの追いがかなりきついので、そのあとまた、オス2匹、メス2匹にセパレーターで分けた。

誉の仔2歳達は、まだまだ小さく、卵を産んでも100個とかなので、殆ど採卵する気が無い。兄妹での採卵も予定していなかったし。


赤虫をバイクで買いに行ったが、中古の90cmスタンダード水槽が2,000円弱で売られていた。バイクでは運べないのが幸いした。車だったら、買っちゃったかもしれない。プラ舟FP-60と60cm水槽の2歳和金約40匹を合流させれば、少し楽に成るかもしれない。が、それより、ハネを捨てるか、譲るかしないといけないなぁと。

今日は、飼育槽6つの水換え。日曜には、プラ舟FP-60と60cm水槽、和金親魚の90cm水槽の水換えだ。他の飼育槽も、糞濾し、足し水が必要だろうなと。
2011-05-05 : さくらと誉の仔 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。