和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

もうすぐ出荷

桜錦の仔達とも、もうすぐお別れ。全てではないが、金魚掬い用として来週引き取られる。

コトブキ600LOW
600low32.jpg

ADA60cm水槽
ada10.jpg

他SUZUKIの60cm水槽にも70匹ほど居るが、こちらは、小さ過ぎたり、泳ぎがおかしかったりするハネ。ハネは引き渡さず、残す事に成る。あと、気に入った個体を30匹ほど残そうと思っている。

と言う事で、引き渡す桜錦は200匹ほどだろうか。真っ白個体、普通鱗個体も居るが、金魚掬いなので構わない。他、和金の小赤を200匹ほど仕入れており、一緒に引き渡す。和金の仔引きは、今年は行わなかった。

過密飼育がずっと続いたし、平日日中は餌を与えて来なかったので、サイズ的にかなり小さい。私の限界と言う事で、サイズは諦めている。
スポンサーサイト
2013-07-17 : 飼育環境 :
Pagetop

面倒に成って来たので

桜錦の稚魚達へのブラインシュリンプ給餌量が足りず、ブライン湧かしを倍増するべきところだったが、忙しいのも有り、面倒なので、粒餌の給餌も開始した。まぁ、孵化1ヶ月を過ぎたので丁度いいんだけどね。

で、浅い60cm水槽2つでは過密だったので、外の和金で使っていた60cm水槽をこっちへ回した。
saki3.jpg
スズキの60x45x30cm(h)

こっちがコトブキ600LOW
saki1.jpg

ADA60x30x18cm(h)
saki2.jpg


粒餌は、咲ひかり金魚の稚魚用。針仔から与えられるというが、小さい個体は、粒を一口で、とはいかないのかもしれない。まぁ、粒のサイズが小さいものも有るようなので、そういうものなら食べられるし、少し柔らかく成ったところを突っつくことも有るだろう。ブラインシュリンプの給餌も続けているし。
大きめの個体はしっかり粒餌も食べられるので、今後、サイズ差が益々開くかもしれない。そこは、もう、いつまでも大きく成らない針仔のような個体は、ハネていくしかないだろう。ほんと、そろそろ選別しないといけないし。
2013-05-23 : 飼育環境 :
Pagetop

屋根補強

FRPジャンボ280とプラ舟ジャンボ180用の屋根を修正、補強した。
yane2.jpg
接続金具の位置を修正し、波板を止めるスポンジパッキンとワッシャーを追加購入して、強風によるバタつきを抑え、グラつく柱を2本の横板を追加して補強。なんだかんだで、合計9,000円ぐらい掛かったか。

が、ケチって、細い角材を柱にするのはちょっとまずかったなと。けっこうグラつく。

まぁ、あとは壊れてからでいいやと。壊れるとしたら、雪の重みで、なんだろうけど。

2013-05-23 : 飼育環境 :
Pagetop

大量死

先週、FRPジャンボで、らんちゅう、桜錦が15匹ほど死んでしまった。

らんちゅうでは、松、レナ、大吉、桜錦では、ノンなど。あとは誉の仔や松の仔。今思えば、さくらが死んだときに、既に病気が拡がっていたようで、薬浴が1日だけでは足りなかったようだ。

大量死後、薬浴を2日行い、水を全て換えたが、まだ、完治していない個体も居るようだ。更に薬浴を行うかは、今後の魚達の調子を見た上だ。

外から魚体を見て充血している場合はすぐ分かるが、体の内側で細菌が増殖している事も多いようだ。この場合、ちょっと見ただけでは分かりにくい。まぁ、毎日しっかり観察していれば分かるんだろうけど、私の場合、そうでも無いからね。

親と成るらんちゅうが居なく成ってしまったな。松ももう年だし、ジュンはイマイチだし、オス親がカジオさんだけだからなぁ。今後数年は、桜錦に専念しようかなぁとか考えたり。
2013-05-23 : 飼育環境 :
Pagetop

少し大きく成った

孵化から一ヶ月ぐらいだったか、桜錦の仔達とらんちゅうの仔がほんのちょっと。300匹は居る稚魚達には、コトブキ600LOWだけでは狭く成ったので、ADA60x30x18cm水槽も使用開始。

600LOW
3daime03.jpg
200匹は居るだろう。う〜ん、分けたばかりなのに過密だな。近いうちに60cm水槽も再稼動か。ブラインシュリンプも倍増だな。
稚魚用のスポンジフィルターが小さ過ぎて、使用翌日には、テトラのブリラントスーパーフィルターへ変更している。おかげで水が澄んでいる。ブラインシュリンプ給餌時も、エアーの量は絞っていない。給餌後は仕事で出掛けるので、絞ると、帰って来るまでそのままに成ってしまうので。
それでも、水流が殆ど起きないよう、吐出口からの水の出はチョロチョロにしている。稚魚が吐出口から入らないように、吐出口は水面より上にしている。その方が水流も起きない。

ADA60cm水槽
3daime04.jpg
立ち上げたばかりなので、水が白濁している。ゴミも溜まっている。水を換えないとな。
こちらは100匹余りかな。合計で350ぐらいは居るのかなぁ。稚魚が成長するにつれ、いつも、見積り数が増えて行く。
600LOWには20度設定のヒーターが入っているが、ADAの方はヒーター無し。もう、ヒーターは要らない時期かなと。600LOWのヒーターも、近いうちに外す予定。


平日は、ブラインシュリンの給餌は、朝と夜の2回だけだ。最低でも3回は与えた方が良いのだろうが、仕方が無いね。

そろそろ、不良魚をハネる時期に来ている。毎年先延ばしにしてしまうが、いつかはやらなければ成らないんだよね。思い切って。私の場合は、和金の餌行きなんだけど。
2013-05-12 : 飼育環境 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。