和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

浜男死亡

5月半ば、急に暑い日が2日続き、その後の雨で気温が下がり、その2日後に、FRPジャンボで大量死が有った。その中に浜男も入ってしまった。

私の飼うらんちゅうでは、松と共に、最も大きく、立派ならんちゅうだった。浜男並みのらんちゅうを手に入れるには、結構な出費が掛かるだろう。当歳から育てるのもなかなか大変だ。

やっぱり、高価な金魚を飼うには、時間的に余裕が有り、集中して管理が出来る人間が行うべきで、私の様な若輩者には、ちょっと無理なのかもしれない。やりたいことが沢山有って、金魚にばかり時間を割いて居られないのでね。

新たにらんちゅうを仕入れるのは、来年以降かなと。
和金を減らさないといけないし。
スポンサーサイト
2013-05-23 : 浜男&松(らん) :
Pagetop

まだいけるかな?

外のFRPジャンボから室内水槽へ移した、らんちゅうの浜男(右)と松。
hamamatsu09.jpg

FRPジャンボの水温が6度ほどだったのだが、水ごと室内へ移して、約20時間ぐらいで15度ほどに上昇したのかな。よく水温を見ていなかったんだけど。それより、体表に病原菌が付着していれば、水温で活発に成ってしまうかもしれないので、こちらの方が注意が必要だね。しばらく気を付けないとな。

頼まれている事も有り、早めの仔引きの為の室内移送だが、浜男の方は、今回もオス親としての役には立たないと思われる。その為、大吉を追加することになっている。浜男と松は明け6歳だったかな。親としてはもう無理かも?一昨年3月の震災、原発事故では仔引き気分ではなかったし、去年は和金で手一杯だった。

この2匹は兄妹と思われ、掛け合わせるとすれば、浜男×レナか、大吉×松、大吉×レナに成るだろう。
2013-01-14 : 浜男&松(らん) :
Pagetop

選抜14匹

孵化から4ヶ月経った、松の仔、モザイク透明鱗の桜錦タイプ。
matsuko22.jpg
80匹ぐらい居る中から14匹を選抜して、超過密なトロ舟80から、比較的薄飼いのトロ舟G-100へ移した。トロ舟G-100には、他に、桜錦の誉の仔のハネが15匹ほど。

この仔達は、母親がらんちゅうの松で、父親もらんちゅう色が強い桜錦のノンなので、モザイク透明鱗の桜錦と言っても、らんちゅうに近い。黒目の個体も居ない。次の世代で桜錦の仔を採るには、必ず、種として固定されているような桜錦と掛け合わせないといけないだろうな。

サイズ的には4~5cmってところかな。他にももう少し大きい個体が居るが、形質的に大造りで、この14匹より少しフナっ気が入っている。

桜錦と言うと、白勝ちというイメージだが、まぁ、その辺は、形優先で。他に白勝ちも居るんだけど。

冬を外の舟の青水で越すと、赤みが濃く成る。より大きくするには室内飼いで、室内だと、色抜けして白く成る可能性も少しは有るだろう。が、今、室内には孵化したばかりの桜錦が200匹ほど居るので、飼育の負担を考えると、外で、ということになる。

選抜から漏れた60匹余りをどうにかする事を考えないといけない。金魚屋さんに引き取ってもらうにも、来春の、暖かく成る前の方がいいかなぁとか。
2011-10-28 : 浜男&松(らん) :
Pagetop

黒く成った

水槽の普通鱗と比べ、舟底の明るいFP-60の普通鱗は、頭、背の黒みが薄かったが、舟底の苔が濃く成ったせいか、黒みが濃く成った。
matsuko21.jpg
黒みが濃ければ、色変わりした時の赤みが濃いかは、知らない。ほんのちょっと違うかもな、ってぐらい。

餌に、サイズの小さい赤虫も与え始めている。あとは、らんちう貴族の稚魚用。結構お金が掛かるので、今度は違う粒餌にするかもしれない。

孵化3ヶ月を過ぎ、結構大きく成った。大きい個体は5cmを超えているかもしれない。
全然ハネていないので、小さい個体、形質の悪い個体も飼い続けている。

涼しく成って来たので、来春まで成長はあんまり望めないかもしれない。なので、今のうちに大きくしたいところだ。夜が冷えるように成り、夜遅くに餌を与えようとは思わないが、結構無理して、多めに与えているかもしれない。まぁ、大きく育てる人と比べれば、少ないかもしれないが。
結局、多いのか、少ないのか、よく分からないって事なんだけど。

涼しくなって、普通なら水換えペースを落とせるところかもしれないが、過密で、糞の量が半端ではないので、糞濾しは今も毎日行う。それは、毎日水換えということでもある。

エサを食べさせる為に、ヒーターを使う事はしない。金魚にヒーターは要らない派で、電気代が勿体ないので。

ほんと、200匹ぐらい居る松の仔達を、そろそろ半分ぐらいに減らさないといかんよなぁ。


こんなん買ってみた。
koran01.jpg
香蘭社の花瓶。中古で1.050円なり。高さが28cm有るものなので、元々は結構するんじゃないかな。これまた金魚と一緒で、高くて8,000円が限度だろうなぁ。あ~、余裕が欲しい。
2011-10-11 : 浜男&松(らん) :
Pagetop

回復しているが

浜男(左)と松は、だいぶ前に回復して、餌も良く食べている。
hamamatsu08.jpg
長いこと餌を食べなかった松が、ホッソリしちゃったけど。

水温の安定した室内に慣れてしまったので、外に出すと、また体調を崩してしまうんじゃないかと気がかりで、外に出せていない。出すなら、外と室内の水温差が広がらないうちにしないといけないんだけどね。

で、琉金も1匹、立鱗、肉の化膿(?)で、青いミニ舟へ隔離して、塩浴、薬浴させていたが、これもほぼ回復し、室内の本水槽であるWIDE900へ戻した。

で、忙しさにカマけて、外のFRPジャンボで具合が悪く成っていた、らんちゅうのタマエ♂を死なせてしまった。タマエについては、タマエ♂カテゴリーに書く事にする。
2011-10-07 : 浜男&松(らん) :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。