和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

死なせてしまった

白い雪の玉を背負ったタマエ♂を死なせてしまった。

4日前、動きが少しおかしかったのだが、餌は食べていたので放置した。気温が下がり、水温も下がったて来たこの頃なので、体調を崩しやすいと想像出来る。
雨が降った一昨日は、FRPジャンボの魚の健康状態をチェックしなかった。雨が入らないようにベニヤ板を被せたのも、チェックしなかった要因のひとつだ。見えない。雨に濡れたくも無いし、その日は餌を切ったので、舟に近づく事も無かった。今日ぐらいはチェックをしなくていいやと。
その翌朝、FRPジャンボで沈んでひっくり返っていた。即、隔離、塩浴を行ったが、その日の夜に死んでしまった。

浜男、松、琉金と、隔離、治療が続いたので、出来るだけ治療は避けたいと、放置気味にしていたこと、タマエ♂の形質が、仔引きの際の親にはあんまり向かないな、というランク付けも、治療が遅れた要因になるだろう。浜男、松と同様、ちょっとひっくり返っていても回復するだろうというのも有った。

もうダメか、という段階に成って、死なせたく無い、という気が出て来た。

やはり、楽観せずに早めに対処するべきだなと。当たり前の事なんだけどね。
スポンサーサイト
2011-10-07 : タマエ♂(故らん) :
Pagetop

タマエ♂も1年半

タマエ♂も、ダイスケ、ジョナサン、浜男、松とほぼ同時期に購入したので、1年半になる。

ちと成長不足のタマエ♂かも。
tamae14.jpg
同時期に、同じ当歳で手に入れた、浜男、松の方が大きく成った。タマエ♂は、全長12cm余りかな。葛飾産。当歳での入手価格6,000円。葛飾産当歳でも、安い方だったっけな。今年3歳。

オスなので、浜男と共に、親候補になる。あ、となると、ダイスケ、ジョナサンはサブに成っちゃうな。何しろ、タマエ♂は、メスだと思って手に入れたので。

タマエ♂がオスだと分かって、メスが足りないということで、レナを手に入れたんだったっけな。
2011-03-06 : タマエ♂(故らん) :
Pagetop

タマエ♂も9ヶ月余り

背に白い玉が有るのがタマエ♂。葛飾産のタマエ♂も飼い始めて9ヶ月余りだ。
tamae13.jpg
元気だ。特に無い。

書く事が無いので、また来春の話だ。来春のメス親の第一候補が、写真左上のレナ。第二候補がタマエ♂の後ろの松。オス親候補が、このタマエ♂とタマエ♂の下に写っている浜男だ。4匹とも今2歳で、来年が本命の年とも言え、今年はテストみたいなものでもある。一度、松、ジュンが産んでいるが、桜錦、和金の稚魚を育てていると、らんちゅうの卵の管理が十分ではなくなる、というのが分かった。それだけでも収穫が有ったと言え、来年は、らんちゅうに集中したい。した方がいい。今、飼育槽が8個になっているが、あちこちに配置されているので管理も面倒で、これ以上増やすのは無理。というか、今でも多いくらい。


え~、ちと更にスマートに成ったか、タマエ♂。日に4回の給餌になっているが、足りんか。赤虫の減りが早く成ったが、もっとか。う~ん、餌代も結構なもんだぞと。もう、らんちゅう増やさない方がいいかもよ、という気がしないでもないぞ。エーハイムの自動給餌器を春前に買ってはいるが、使う気はしないなと。シンプルに飼育したい。
痩せたら痩せただ。

3日前、らんちゆう達がぼーっとした感じだったので、塩を100g入れた。230Lに対してなので、0.05%も入れていないが、水換えも有ってか、今はぼーっとした感じは無い。

え~、おしまい。
2010-06-26 : タマエ♂(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

オイラおと~こだ~

名はタマエ~。
tamae12.jpg
タマエを手にとってよく見てみたら、追い星を発見。お腹もやっぱり締まってる。オスだぞと。ジョナサンに続き、店員もよく分からないということだなぁ。購入当時、タマエは生後数ヶ月だったろうからなぁ。ジョナサンは、購入当時、3歳か4歳で、購入後に追い星を見つけたけど。


紛らわしいので名前を変えよう。

タマエモン。

タマエ丸。

タマエツことタマガワエツオ。

タマエ♂。

タマエ男爵。

サー・タマエ・カツシカ。

タマエって付いてるけどオスですよー、って感じで行きたいが、男爵、サーは勝手に使わん方がいいか。髭男爵の髭ってのは、名前じゃないと分かるが、佐藤男爵とかを芸名にするとまずいのかなぁ。よく分からんけど。

タマエ♂で行こうかな。桜錦のさくらも紛らわしいが、ずっとこのまま来ちゃったので、さくらはそのまんまで。
タマエは、タマエ♂で。

来年、松とダイスケの子に、タマエ♂をかければいいかもな。メスを追加購入しなくて済む。まぁ、松の子にどんな仔が残るか、残せるのか、まだ分からないけど。まだ孵化もしていないし。浜男は松と兄妹と思われ、松の子とは、おじさんと姪っ子になる。近いか。と言いつつ、和金は兄妹で産ませてるんですけどね。松とタマエ♂ってのも、今年まだ有るかも。
2010-05-07 : タマエ♂(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

タマエも5ヶ月

飼い始めて5ヶ月になるタマエ
tamae10.jpg
未成熟ではあるが、10匹の中では、全体的な美しさでNo.1だと思っている。胴の形、程良いふっくら感、発達する余地がありそうな頭、フンタン。尾の跳ね上がり、尾芯の角度もいいなと。購入店では、同じ葛飾産当歳で、タマエの5倍の値の個体も居たが、頭、フンタンのモコモコ感、背なりが私の目で見ても、違いが有ったと思う。が、金魚1匹に3万、なんてのは、有り得ないので、タマエクラスが私にとってはベストとなる。

メスということなので、Michikoではなく、タマエがメス親第一候補だ。Michikoは、ブリーダーさん払い下げで、今年5歳、あるいは6歳だろうなと。繁殖にはあまり向かず、鑑賞向きだろう。あまり期待出来ないかなと。

4月末、5月ごろの産卵を、じっくり気長に期待している。


誉の卵ですが、色が白く成った無精卵が4割ぐらいあるかなと。人工授精の際、2匹の距離が遠かったなと。お尻がくっつくぐらいにしないとダメなんだね。で、そのままではカビが生えるので、明日あたりに、チマチマと一個ずつ、無精卵を水槽から出そうかなと。受精卵は80個無いかもかなぁ。
2010-02-08 : タマエ♂(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。