和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

太助お陀仏

外のFRPジャンボに入れた太助がお陀仏。
スポンサーサイト
2009-08-30 : 太助&お仲(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

太助もやばいか

外のFRPジャンボの太助が、どうも元気が無い。エサも食べないようだ。頭に白い点々が出ているが、白点病では無い感じだ。ニキビのようなもので、体、尾には出ていない。
室内へ隔離しての、塩水浴、薬浴は行わない。隔離しても、ダメな時はダメなもんだと。行ったり来たりで水質がコロコロ変わるのも良く無いだろう。室内は水温が下がる。2度以上の水温低下は良く無いとのことだし。外に隔離スペースを確保する気も無い。外で飼えなければ死んでも仕方が無いと思っている。寒い冬を越し、春を迎えさせるのだから。FRPジャンボに0.1%の濃度分の塩を追加してはいる。これで、塩分濃度は0.15%ぐらいか。

水は、3日おきに1/3ずつ換えている。換える水との水温差はほぼ無い。どちらかというと貯水タンクの水の方が、日が当たらない分、少し冷たいか。日が当たらなくても、外気温ぐらいには温まるのでそう差は無い。差が有って2度ぐらいか。ジャンボへ入れると0.7度ほど下がる事に成るか。高めのジャンボの水を冷ます事になり、丁度いいくらいだと思っている。

同じジャンボの、タイガー、紅緒はまずまず元気。紅緒の尾に少し白濁が有るか。この2匹は、まずくなってきたらWIDE900へ戻す予定。外へ出したが為にお陀仏、は、避けたい。

一万円掛けた金魚が消えそうだなぁ。
2009-08-28 : 太助&お仲(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

お仲がお陀仏

尾筒が荒れ、尾ビレに白い点々が有ったお仲がお陀仏。ホースシットの馬糞!
今朝には、尾の荒れ、尾ビレの白い点々は消えていたようだったが、餌は食べなかった。まずいかな~と思いつつも、薬浴したところで大して変わらないだろう、ダメな時はダメなもんだ、という考えでしたが、やはり、買って来て一週間ぐらいは、新水での、0.2~0.3%ぐらいの塩水浴がいいのかなぁと。まぁ、太助は今も問題無さそうなので、個体の問題かもしれませんが。亡骸を手に取ってみたところ、エラ周りに赤斑が。上見では気づきにくいところでもあるなと。水槽なら、隅々まで観察出来るところだ。

FRPジャンボ280の水は、蓋の無い貯水槽で10日ほど経った、塩素が十分抜けた水だったはず。それから5日ほど、和金を1匹入れて水を慣らしていた。エアレーションも十分。バクテリアバランスとしては、もしかしたら最悪の、亜硝酸濃度が高まって来た時の、太助、お仲の導入では有ったかもしれないが、水量から考えて、それほどでも無いんじゃないかとも思う。うちの水道水のPHは6.0無いくらいだから(今回も同じ値とは言えないが)、酸が強く、お仲に合わなかったかもしれない。が、PH調整剤を使う気は無いので、その場合は割り切っている。水温は高い時間帯も有ったが、32度を超える事は無いし、水温差も最大7度ぐらいなので、そう問題でも無かったはず。

やはり、買って来て一週間ぐらいは、0.2~0.3%ぐらいの塩水で養生させるのが望ましいか。見た目元気そうでも、念のために養生してから、飼育槽に放すべきなのかなと。

これで、来春、仔引きを狙うFRPジャンボが、オス1匹、メス2匹(たぶん)になった。太助がお陀仏に成ると計画が潰れるので、やはりオスがもう一匹欲しい。トンボは色抜けしやすい体質が遺伝してしまいそうなので、パスだ。目先も短いし。もう少し水を慣らしてから、らんちゅうを追加しようかと思っている。それか、これでダメなら仔引きを諦めるかだ。1号、トンボも合流させちゃう手も、無きにしも非ず、ではある。
2009-08-24 : 太助&お仲(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

太助&お仲

jumbo_04.jpg
昨日追加購入した、外のFRPジャンボ280へ入れているらんちゅう2匹の名前を決めました。左が太助、右がお仲。太助は、昨日の写真からも分かるように、追い星が有り、オスだろうということで、男の名前。お仲は、追い星が無いのと、太助に追われ気味なので、メスだろうということで、女の名前。一心太助は全然知らないんですけどね。

で、今朝、網を被せようと思ったのですが、まだいいや、これでいけるならこれでいいやと、被せませんでした。網無しで数日様子見しようかなと。

今日も2匹は元気で泳いでいます。多少の水質悪化にも耐えられる体力が有りそうな気がします。餌は、昨日と今日は切っていますが、2匹とも、マツモを食べたり、マツモから剥がれ落ちた青い苔を食べたりしているようです。水草なら、そう消化不良を起こす事も無いでしょう。明日から、赤虫給餌を開始して、数日後には咲ひかりも与え始めようかなと思っています。

FRPジャンボ280の、昨日から今朝にかけての最高水温、最低水温が、31.5度と25.2度。少しオーバー気味だが、まぁ、なんとかなるかなぁと言った感じか。より水温を下げるには、すだれの位置を下げて、水面に日を当てないのが手っ取り早いが、鑑賞する度にすだれをめくるのも、粋じゃない。高い位置に大きな屋根を付けるのも無理が有るし、高い木を植えるのも無理。考えたのが、地面に穴を掘って、外部濾過器を置いて水を回せば、少しは水温が下がるかなといったとこ。が、今は、更なる出費は抑えたい所なのでパスです。お盆過ぎたし、少しずつ気温も下がってくるので、簡単な対処法で済ませた方がいい。暑そうなら、すだれの位置を下げるのが現実的だなと。

室内のWIDE900の水温は、冷房の影響も有り24度。FRPジャンボ280が30度の時に、タイガー、紅緒を移すのは止めた方がいい。水温差が2度以下の時を見計らって、移そうかなぁと思っている。
2009-08-18 : 太助&お仲(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

2匹購入

外のFRPジャンボ280に入れるらんちゅうを2匹買って来た。水が安定するまで待てませんでした。当歳2匹で10,500円。深見産なら近所で1匹3,150円で手に入るが、既に紅緒が居るのでパス。2匹は、紅緒より体格がいい。大きく、太く、頭もボコボコで、1匹5,250は妥当な価格だと思う。仔引きするには、最低でも紅緒ぐらいの形質を持ったものが必要だろうということで、それ以上の2匹を買って来た。が、もう、しばらくらんちゅうは買えないぞ、といった感じでは有る。

jumbo_03.jpg
スポンジフィルター、エアレーションの波で乱れていて、夜の撮影なのでピントもイマイチか。で、水流が瘤の発達を阻害するようですが、まぁいいかなと。

どうも、右の素赤が、左の更紗を追いかけ気味だなと。腹を突く。もしかして、左はメス、右はオスか?当歳でも、8ヶ月ぐらいすれば、そういう行動をするのかなぁ。1号、トンボもそんな感じでしたからね。素赤の方に、パッと見、追い星は無かったような感じでしたが、また確認します。ありゃ?写真では、素赤の胸びれに白い点々が見えますなぁ。オスメスかもなぁ。
当歳でも、既に1号より体格がいい感じ。全長は1号と変わらないのですが、太く、頭も大きいので、そう感じるんですけどね。

この2匹が、オス、メスだとしても、やはり、タイガー、紅緒も親候補としてこのFRPジャンボに合流させたい。2匹は兄妹かもしれないし。そうすると、室内ののWIDE900が、白い、1号とトンボ2匹になり、殺風景になってしまうので、これもなんとかしたい。らんちゅう全てをジャンボへ入れ、琉金達をWIDE900へ、とも考えましたが、繁殖時期に、親候補外の1号、トンボを結局分ける事になるので、これもパスか。取り敢えずは、やはり、WIDE900は1号とトンボで行くしかないか。

2匹の名前はどうすっぺ。オスメスよく分からないので、名前を付けるのも難しい。メスらしいのにタイガーとか、オスなのにさくらとかになってるし。ので、少し観察してから考えようと思います。当歳ということで、来年春の繁殖には少し不向きかもしれませんが、2歳魚は、高くて買えませんでした。

まだ、猫除け、鳥除けの網を被せていない。無い方が見栄えがいいんですよね。池みたいで。どうも網をかぶせると、鑑賞という点で本末転倒な気がして、好きでは無い。食われたら食われたでもいいかなぁ、とか考えてみたり。まぁ、明日朝には、網を被せるつもりですけどね。

数日間でしたが、ジャンボに入れていた開き尾和金は、取り敢えず琉金達のプラ舟FP60へ入れました。琉金達より大きく、動きも素早いので分けた方がいいのですが、元々琉金は残す予定では無かったし、火鉢に戻すのも、水がすぐ汚く成るとか、飼育容器を1個減らしたいとか有ったので。まぁ、もう少し大きく成ったら、親達の90cm水槽へ移す予定です。
2009-08-17 : 太助&お仲(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。