和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

背骨が

え~、産卵が2月7日ですね。間違えました。孵化が13日からで、今日が孵化18日目かな。いくらかサイズアップして、水槽での個体の確認が、しやすく成って来ました。

背が曲がった個体をハネようとは思ってるんですが、らんちゅう体型の稚魚は初めてなので、成長とともに背がどう変わって行くのかが分からないので、変化を見る為にも、取り敢えずハネずに残してます。

写真は、それぞれ別の個体です。
sakurako6.jpg

sakurako7.jpg

sakurako8.jpg
スポンサーサイト
2010-03-02 : 紅緒(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

紅緒お陀仏

外のFRPジャンボへ入れた紅緒がお陀仏。

お仲、太助、タイガー、紅緒、全て殺してしまった。
水温だろうな。32度にはならなかったが、高かったなと。

和金稚魚も、水温だったろう。
同じ事を繰り返したんだなぁ。

もうやめた。らんちゅうは金が掛かる。
FRPジャンボで金魚を飼うにしても、場所を変えなければ無理だ。
移せる場所は無い。

今日は魚釣りで、魚を虐待して、絞めて、あと、食います。

このブログも終わりだ。
近いうちに削除だな。

生き物の死は、見たく無い。
2009-08-30 : 紅緒(故らん) : コメント : 2 :
Pagetop

紅緒2ヶ月余

benio04.jpg
飼い始めて2ヶ月が経過した深見産らんちゅうの紅緒。体調を悪くする事無くなんとか無事2ヶ月。水槽で2ヶ月ということで、そろそろ瘤が萎んでも仕方が無いかなと。どうでしょう。フンタン、小さく成ったか?分からん。

深見産はいいかもね。1号、トンボのような色抜けのリスクが低いかもなと。体は更紗化するかもしれませんが、頭は抜けにくいんじゃないかなと。まぁ、1号の事を考えると、1年ぐらい様子を見ないといけないか。

深見産は、葛飾産のタイガーとは、同じらんちゅうでも、形質が違うなと。フンタンが特徴かなと。タイガーはフンタンより頭が特徴かなぁ。血統的に、サイズも違うんじゃないかなと。これも、もう1年ぐらい見ないといけないかもしれませんけど。
2009-07-30 : 紅緒(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

紅緒2週間過ぎ

benio3.jpg
深見産らんちゅうの紅緒、飼い始めて2週間が経過しました。当初、底に沈んでたりしましたが、警戒心が有るからだというものに当てはまるのかなと。身を潜める、ということか?体調不良という感じでも無く。

が、最近、ちと体表の粘膜が濁り気味かなと。身を守るために粘液の分泌量が多く成っているのかなと。ちと水に慣れていない感じも少し有るか。頭のすぐ後ろの背がちょっと荒れても居る。炎症気味か。まぁ、そうひどくなる感じでもないので、放置してます。元気も有るし。

で、瘤ですが、水槽では、瘤が小さく成ってしまう、とも言われて居るようですけど、どうでしょうかね。頭も白っぽくは成っているので、その粘液の分泌が多く成っているという他に、瘤の中身の栄養分が溶け出しているというのも有るのかなぁと。紅緒を買ったとき、店の人が、温度が高いと頭の脂肪が溶ける、と言っていました。ホンマカイナって感じですけど。で、今は、若干、外よりも室内の方が、水温が高い感じかな。日当たりのいいトロ舟140は、最高水温は、室内より高く成りますけどね。
瘤よ小さく成るな~、って感じです。色も、頼むから抜けないでくれ~と。
2009-06-09 : 紅緒(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

体格差

wide900_16.jpg
全長6.5cm~7cmほどの紅緒と、1号、トンボとの体格差。1号は、もう全長11cmぐらい有るか。トンボは、去年夏から成長が鈍く、1号とは差が付いていますが、紅緒と比べるとでかい。9.5cmぐらいは有るかな。

水槽へ入ってからの紅緒は、元気は元気なんですが、ときどきお腹を底についてじっとしている事が有る。水質が少しストレスになっているのかな。まぁ、よく動くうちは、大丈夫だと思いますが。

WIDE900に、火鉢の青水を入れた。これが紅緒の色抜け防止になるかは分かりませんが、火鉢の水を移すのは、そう面倒でもないので、続けられるかなと。他の水を持って来るのは、病気が怖くも有るんですが、まぁ、いっかと。

で、写真では、購入時ちと目についた、紅緒のウロコのマダラ加減が分かると思います。まぁ、私としては、全然問題じゃないんですけどね。1号、トンボの色抜けに比べれば。
あと、紅緒の尾が、芯の所、センターでつまんだ感じ。芯が太いつまみ尾とはまた違うか。まぁ、これも全然構わないんですけどね。それと、背が雁首です。尾のところで急に下がっている。これも、全然構わなくて、全体として、可愛いし、いい感じだなということで、気に入ってます。あ、背や尾の形だけ見れば、1号、トンボの方が、良いようだなと。

ということで、品評会レベルの個体まで求めようという気は、ほぼ無いかなぁ。青仔10匹の方も、欠点が有っても、よっぽどでない限り、処分しないかもしれない。10匹は多いので、5匹ぐらいは、知り合い、近所で、欲しい人が居れば、譲りたいとは思っています。まぁ、あんまり良く無いものは、譲れませんけどね。
2009-05-29 : 紅緒(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。